漢方薬のことなら
皇漢堂林薬局


 漢方療法とは、病人の訴える症状を こと細かに聞き、更に顔色や舌の状 態等を参考にして、原典に記載してあ る処方をえらび調剤するものです。 従って、病人の個人差によって夫々 独自の漢方薬を与えることとなります。

 例えぱ、風邪薬でも胃腸薬でも、その 人その人により、又同じ人でも症状の 変化に応じ、薬が違ってまいります。 それ故、一つの病名に対して、種々の 処方が用意されております。

  漢方薬は、多数の生薬(主に薬草) を配合して、一つの処方としています。 この合理的配合による相乗相殺作用が、 すぱらしい効き目を現わし、且つ副作 用を少なくするのです。そして、症状 に最も適合した処方を選び出す事が、 絶対不可欠な漢方技術です。


 
漢方薬は、対症療法ではなく自然治 癒力を最大限に働かせ、病因臓器の機 能改善を主体とした根本療法であり、 更に全身的影響を考えて、副作用の おきぬように数種の生薬を配合してあ ります。このことが、長年の慢性病に も驚くほどの効果を現わす理由です。

 例えぱ、慢性便秘を治すに当り、単 に下剤で下すだけでは一時的で、時に 習慣性に陥りがちです。漢方では、慢 性便秘(下痢も同じこと)は、消化器 管の機能衰退・弛緩によるものと考え、 薬の作用で体を芯から温め、血行をよ くし、胃腸の活力を回復し、自然排便 を起すようにして、症状の根本治療を いたします。

 このように、どの病気に対しても、 これに準じた考えのもとに、治療方針 をたてております。特にこの体を温め るということは、漢方薬独特の作用で、 これが色々の慢性病、例えば、胃腸病 や血の道、神経痛に、スバラシイ効きめ を発揮する源になります。


 以上のように、漢方薬は同じ病名 でも、個人差により、沢山の違った 処方が、それぞれにありますから、 自分の体にピッタリ合った処方を選 び出すことが肝要です。

 それには、漢方薬の基礎である、 陰陽五行・気・血・水説等の漢方医 学を専門に勉強している病院や薬局 などで、こまかく症状を訴えて、良 く御相談なさることが最上の方法で す。

 それが難しい慢性病を治す最良の 近道です。
 もし病名を聞いただけで、 簡単に漢方薬を与えたり、それは神 経のセイでしょうなどといって、病 人のこまどまとした訴えに、あまり 注意を払おうとしなかったら、それ は本来の正統漢方医法では無いとい われています。